Stringクラス例題

例題1 文字列の長さを調べる

Stringオブジェクトに記憶した文字列の長さを取得し、表示します。

// Stringクラスの利用例
class Ex_String_01 {
  public static void main(String args[]){
    int Nagasa;
// 文字列の定義と文字列の代入
    String S = "Stringクラスの利用例";

// 文字列の長さを取得
    Nagasa = S.length();

    System.out.println("Sに記憶させた文字列は : " + S + " です。");
    System.out.println("Sに記憶させた文字列の長さは " + Nagasa + " 文字です。");
  }
}

例題2 文字列の比較

// 文字列の比較
import java.io.*;
import java.text.*;

class Ex_String_02 {
  public static void main(String args[]) {
// 変数宣言など
    String S = "Start";
    BufferedReader BR = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));

// 入力のループ
    while (!S.equals("END")){
      System.out.print("何か文字を入力してください(ENDを入力すると終わります) : ");
      try {
        S = BR.readLine();
      }
      catch (Exception e) { S = "ERROE"; }
      
      System.out.println("入力された文字列 : " + S);
    }
  System.out.println("終わり!");
  }
}

例題3 文字の検索

入力した文字が記憶されている文字列のどの位置にあるかを調べるプログラムです。

// 文字の出現位置を取得
import java.io.*;
import java.text.*;

class Ex_String_03 {
  public static void main(String args[]) {
// 変数宣言など
    String S = "0123456789ABCEDFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ"; // 検索対象の文字列
    int C;  // 入力された文字を記憶
    int x;  // 検索された位置を記憶
    BufferedReader BR = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));

// 入力
    System.out.print("何か文字を入力してください : ");
    try {
      C = BR.read();  // 一文字の読み込み
    }
    catch (Exception e) { C = 20; } // 20は空白文字(スペース)を示す

// 文字の検索
    x = S.indexOf((char)C);

// 検索結果に応じた表示
    if(x > -1) {
      System.out.println("入力された文字 : " + (char)C + " は " + (x + 1) + " 番目にあります。");
    } else{
      System.out.println("入力された文字 " + (char)C + " は見つかりませんでした。");
    }
  }
}

例題4 文字の置き換え

次のプログラムは文字列中の「文」という文字を「数」当文字に置き換えるものです。

// 文字の置き換え
import java.io.*;
import java.text.*;

class Ex_String_04 {
  public static void main(String args[]) {
// 変数宣言など
    String S1 = "文字列中の文字の置き換えができます。"; // 検索対象の文字列
    String S2; // 置換後の文字列を記憶

    System.out.println(S1 + " の「文」を「数」に置き換えます");

// 文字の置換
    S2 = S1.replace('文', '数');

// 結果表示
    System.out.println("元の文字列     : " + S1);
    System.out.println("置換された文字 : " + S2);
  }
}

例題5 文字列の取り出し

次のプログラムは文字列の中から指定した位置以降の文字列すべてを取り出すものです。

// 文字列の取り出し1
import java.io.*;
import java.text.*;

class Ex_String_05 {
  public static void main(String args[]) {
// 変数宣言など
    String S1 = "文字列中の文字列を取り出すことができます。"; // 検索対象の文字列
    String S2; // 取り出された文字列を記憶

    System.out.println(S1 + " の6文字目以降を取り出します");

// 文字の取り出し。文字の位置は0から始まるので-1しています。
    S2 = S1.substring(6 - 1);

// 結果表示
    System.out.println("元の文字列           : " + S1);
    System.out.println("取り出したされた文字 : " + S2);
  }
}

例題6

次のプログラムは文字列の中から指定した開始と終了の位置の間の文字列を取り出すものです。

// 文字列の取り出し2
import java.io.*;
import java.text.*;

class Ex_String_06 {
  public static void main(String args[]) {
// 変数宣言など
    String S1 = "文字列中の文字列を取り出すことができます。"; // 検索対象の文字列
    String S2; // 取り出された文字列を記憶

    System.out.println(S1 + " の6文字目から10文字目までを取り出します");

// 文字の取り出し。文字の位置は0から始まるので-1しています。
    S2 = S1.substring(6 - 1, 10 - 1);

// 結果表示
    System.out.println("元の文字列           : " + S1);
    System.out.println("取り出したされた文字 : " + S2);
  }
}