演習 No.4

1.入力した文字を表示する

次のプログラムはキーボードから入力した文字を画面に表示するものです。空欄(1)から(5)に適切な文を当てはめ、プログラム完成させなさい。

(1) java.io.*;

class DspInput {
  public static void (2)(String args[]){
    String SIn;

    InputStreamReader ISR = new InputStreamReader(System.in);
    BufferedReader BR = new BufferedReader((3));

    System.out.print("何か文字を入力してください:");

    try {
      SIn = (4);
    }
    catch (IOException e) { SIn = "IO例外発生"; }

    System.out.println("入力された文字は" + (5) + "です");
  }
} 

2.プログラムの動作確認

次のプログラムは入力された数値を整数(int型)と実数(double型)に変換して表示するプログラムです。実際の動作を確認しなさい。

import java.io.*;
import java.text.*;

class DspInputNum {
  public static void main(String args[]){
    int I;      // 変換された整数値を記憶
    double D;   // 変換された実数値を記憶
    String s;   // 入力された文字を記憶
    Number Num; // 文字から変換された数を記憶

// 入力ストリームとバッファを作成
    BufferedReader BR = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));

// 数値変換のオブジェクトを作成
    DecimalFormat DF = new DecimalFormat();

    System.out.print("何か数値を入力してください");

    try {
      s = BR.readLine();     // バッファから文字列を読み込む
      Num = DF.parse(s);     // 文字列を数値に変換
      I = Num.intValue();    // 変換された数値を整数に変換
      D = Num.doubleValue(); // 変換された数値を実数に変換
    }
// 例外処理
    catch (IOException e){ I = 0; D = 0.0; }
    catch (ParseException e) { I = 0; D = 0.0; }

// 結果の表示
    System.out.println("入力された数値は");
    System.out.println("整数では" + I);
    System.out.println("実数では" + D);
    System.out.println("です");
  }
}

3.標準体重計算

標準体重のプログラムで身長をキーボードから入力するように変更したい。つぎのプログラム中の空欄(1)から(5)に適切な文を当てはめなさい。

import java.io.*;
import java.text.*;

class HyojunTaiju {
  public static void main(String args[]){
    (1) Shincho;      // 身長を記憶
    (1) HyojunTaiju;  // 体重を記憶
    String s;          // 入力された文字を記憶
    Number Num;        // 文字から変換された数を記憶

// 入力ストリームとバッファを作成
    BufferedReader BR = (2) BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));

// 数値変換のオブジェクトを作成
    DecimalFormat DF = (2) DecimalFormat();

    System.out.print("身長[m]を入力してください: ");

    try {
      s = BR.readLine();    // バッファから文字列を読み込む
      Num = DF.(3)(s);     // 文字列を数値に変換
      Shincho = Num.(4)(); // 変換された数値を実数に変換
    }
// 例外処理
    catch (IOException e){ Shincho = 0.0; }
    catch (ParseException e) { Shincho = 0.0; }

// 標準体重の計算
    HyojunTaiju = (5);

// 結果の出力
    System.out.print("身長" + Shincho + "[m]の標準体重は");
    System.out.print(HyojunTaiju + "[kg]です");
  }
}

4.燃費計算

次のプログラムは自動車の燃料の消費量と走行距離を入力して燃費を計算するものです。空欄(1)から(5)に適切な文を当てはめ、プログラムを完成させなさい。
走行距離、燃料消費量、燃費はいずれも実数(double)とする。
import java.io.*;
import java.text.*;

class NenpiKeisan {
  public static void main(String args[]){
    (1) Kyori, Nenryo, Nenpi; // 距離、燃料、燃費を記憶
    String s;   // 読み込んだ文字を記憶
    Number Num; // 文字から数値に変換した値を記憶

    BufferedReader BR = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));
    DecimalFormat DF = new DecimalFormat();

    try {
// 走行距離を読み込む
      System.out.print("走行距離を入力してください[km]:");
      s = BR.(2)();
      Num = DF.parse(s);
      (3) = Num.doubleValue();

// 燃料消費量を読み込む
      System.out.print("燃料の消費量を入力してください[l]:");
      s = BR.(2)();
      Num = DF.parse(s);
      (4) = Num.doubleValue();
    }
    catch (IOException e){ Kyori = 0.0; Nenryo = 1.0; }
    catch (ParseException e){ Kyori = 0.0; Nenryo = 1.0; }

// 燃費計算
    Nenpi = (5);

    System.out.println("走行距離:" + Kyori + "[km]");
    System.out.println("消費量 :" + Nenryo + "[l]");
    System.out.println("燃費  :" + Nenpi + "[km/l]");
  }
}

5.円の面積計算

キーボードから円の半径を実数で入力し、面積を計算、表示するプログラムを作りなさい。

6.問題の自作

数値を一つ入力して何らかの計算結果を表示するプログラムを自作しなさい。